東洋不動産
9:00~18:00
(日・祝日 10:00~17:00)
水曜日
2016年12月20日
ブログ

デパート開業の日

クリスマス・お正月はもうすぐですね。年末のこの時期は、プレゼントやおせち等を買いにデパートに足を運ばれる方も多いことでしょう。

今日は「デパート開業の日」だそうです。

江戸時代1673年(延宝元年)に伊勢の商人の三井家三井高利が、呉服店の「越後屋」を開業し、世界で初めて正札販売を始め、富裕層だけのものだった呉服を一般市民にも広めました。その後「合名会社三井呉服店」として発展し、

1904年(明治37年)12月20日には、株式会社三越呉服店を設立し「デパートメントストア宣言」を行い、日本最初の百貨店になりました。従来の呉服店ではなく、何でも揃うアメリカンスタイルの百貨店を目指すことを宣言しました。それゆえに、12月20日がデパート開業の日と言われています。

商号の「三越」は三井家の「三井」の三、「越後屋」の越からとってつけられたそうです。日本橋室町一丁目に建つ日本橋三越本店は国の重要文化財に指定されています。「三越」はさまざまな新しいことに挑戦し続け成長してきた日本で有名なデパートで、ほとんどの人が知っていますね。

デパートメントストア(百貨店)とは、広い売り場で衣食住全般にわたり多種類の商品を部門に分けて陳列、販売する大規模な小売店のことを言うそうです。現在では、品質の良さ、品揃えの多さなどでなくてはならない大型店舗です。

海外で出現したのはフランスが最初だそうです。1852年にパリにできた「ボン・マルチェ」、アメリカは少し遅れて1858年ニューヨークに「メイシー」、その後各国に広がりました。

12月後半は年末特有の雰囲気です。美しいイルミネーション、お店や街で流れる音楽などでいつもとちがう街になっています。年末年始を有意義に過ごしましょう。

arrow_upward