東洋不動産
9:00~18:00
(日・祝日 10:00~17:00)
水曜日
2016年12月22日
ブログ

クリスマスと”クリぼっち”

もうすぐクリスマスですね。この時期定番の曲は、山下達郎さんの「クリスマス・イブ」

雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう Silent night Holy Night きっと君は来ないひとりきりのクリスマス・イブ…Silent Night Holy Night…

一人で迎えるクリスマス・イブはちょっぴり淋しいという感じのするメロディーと歌詞

1983年のアルバム”メロディーズ”に収録されている曲なので33年になります。

初めてこの曲を聞いたとき達郎さんの透明な声とシンプルで軽やかなメロディーに感動しましたが、あれから毎年クリスマスになるとどこかでこの曲が流れています。名曲と言えるかもしれませんね。

さて最近、若い人たちの間で「クリぼっち」という言葉が使われているそうです

「栗の一種かな?」と思ったのですが、「クリスマス」と「ひとりぼっち」を組み合わせた言葉なのだそうです。”ひとりぼっちで淋しい”感じを払しょくして、”ひとりぼっちで楽しい”「クリスマスを一人で楽しむ」ということのようです。

平素から「ひとり静かに過ごすこと」は必要だと思います。静寂な時間のなかにいると、今”生かされている幸福感”を感じることができるからです。時々はスマートホン、パソコン、テレビ等情報を絶って静かでゆったりした時間を過ごすことも大切です。自分を知るために、自分を生かすために。

クリスマスは少し贅沢をして一人で過ごすのも楽しいと思います。今回「クリぼっち」出来る人は挑戦してみて下さい。でもイエス様のお誕生を祝う日ですから、まずお祝いをしてから楽しんで下さいね。

  Merry Christmas

arrow_upward