9:00~18:00
(日・祝日 10:00~17:00)
水曜日
2016年10月28日
ブログ

山口県の夏みかん

ナツミカン(夏ミカン)はミカン科ミカン属の柑橘類でナツダイダイとも呼ばれています。

江戸時代中期に山口県長門市仙崎の青海島に流れ着いた種を、地元の方が育てたのが最初で、

起源(原産地)とされていて、山口県萩市で今も多く栽培されています。

 

初夏、5月になると白い花が咲きますが、甘酸っぱいとても良い香りがします。

その香りの良さから環境省選定の「かおり風景100選」に、

「萩城下町夏みかんの花」で選出されています。

「夏みかんの花」が県花になったのは昭和29年3月22日。

NHKにより、郷土を象徴する花として選出されたそうです。

下松市の駅南の街中で夏みかんの木を発見しました。

緑色の実がなっていました。(晩秋に実がなります)

 

この実を取らないでそのままにしておくと、次の年の初夏になると

熟して酸味が抜けて食べやすくなります。

甘酸っぱくて美味しいのですが、酸味が強いのでヨーグルトやお砂糖などの

甘いものを軽くかけると食べやすくなります。

サラダに入れてドレッシングをかけても美味しくいただけます。

ゼリーやマーマレード、皮が厚いので皮をそのまま生かした砂糖漬け、

お菓子などにも加工されています。夏みかんは山口県の特産品です。

  

arrow_upward