9:00~18:00
(日・祝日 10:00~17:00)
水曜日
2016年10月20日
ブログ

ギリシャ~「デルフィ考古学博物館」

ギリシャのデルフィ遺跡の近くに「デルフィ考古学博物館」があります。

ここは、「アポロンの聖域」からの出土品を中心に展示されています。

デルフィ考古学博物館の展示物の中で最も有名な「青銅の御者像」

紀元前478年ビュティア祭の4頭立ての戦車レースの優勝を記念して、

奉納された御者の像です。シチリア島のポリザロスが奉納しました。

頭の鉢巻の模様が優勝者を表しているそうです。

目には天然の石で瞳が入っていて針金でまつ毛もついています。

 

「大地のへそ」のシンボル、オンファロス

アポロン神殿奥で、アポロン神の像のそばに置かれていたそうです。

 

「踊る少女」

紀元前4世紀(335~325年)アテネ人の奉納物。

アカンサスの葉の彫刻で装飾された柱頭の上に、

3人の乙女が膝丈の軽やかな衣を身にまとい立っています。

 

デルフィ遺跡や考古学博物館を通じて過去の歴史を考えると、

この時代(紀元前)を生きていた人々のことを考えていると

不思議な「時間と空間に」入っていきます。

何だか「タイムスリップ」して、神話の世界を感じます。

 

考古学博物館はありませんが、周南市に「周南市美術博物館」があります。

この爽やかな季節”秋”に、訪れてみるのはいかがでしょう。

発見があったりして…楽しい時間になるかもしれません。

周南市美術博物館は徳山駅から徒歩約20分です。

周南市花畠町10-16 

arrow_upward