9:00~18:00
(日・祝日 10:00~17:00)
水曜日
2017年02月15日
ブログ

ビージーズ(Bee Gees)~サタデー・ナイト・フィーバー

発売されたほとんどの曲がヒットしたのではないかと思われるほど活躍したビージーズ。

1977年に「サタデー・ナイト・フィーバー」という映画が上映されましたが、挿入曲をビージーズが演奏しています。ジョン・トラボルタのダンスを彼らの曲が盛り上げ世界中で話題になりました。

この映画はダンスがメインでしたが庶民的なブルックリンと都会的なマンハッタンが対比して描かれていてアメリカ(ニューヨーク)の現状がわかる映画でもあり勉強にもなりました。

この映画でディスコミュージックが世界的に流行し、熱狂することを「フィーバー」と言うようになりました。この映画の続編は「スティン・アライブ」です。

ビージーズはバリー・ギブ、ロビン・ギブ、モーリス・ギブの三人兄弟を中心にした男性のボーカルグループです。英国王室属領マン島生まれのイギリス人。

1963年にオーストラリアでレコードデビューをしましたが1973年からアメリカに移りました。「ラヴ・サムバディ」「ホリディ」「マサチューセッツ」「ジョーク」など…たくさんの曲があります。

彼らの曲はこの時代の多くの人々に受け入れられました。曲の多さやヒットした曲、活躍度などから「ビートルズ」に匹敵するのではないかと思います。そういえばどちらの名前も頭に「B」ビーがつきますね。

Bee Gees ”Night Fever”です。

サタデー・ナイト・フィーバーの中で一番好きな曲 

ラスベガスでのライブです

⇒ "You Should Be Dancing” Live in Las Vegas

arrow_upward