9:00~18:00
(日・祝日 10:00~17:00)
水曜日
2016年10月04日
ブログ

ノーベル賞「医学生理学賞」受賞のうれしい知らせ

昨日から、東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんが、

ノーベル賞「医学生理学賞」を受賞されたニュースが頻繁に流れています。

生き物が細胞内で、タンパク質を分解し再利用する「オートファジー(自食作用)」という現象を

作動させるスイッチのメカニズムを解明したことによる受賞のようです。

オートファジーは単細胞生物からヒトなどの高等生物まで、共通してもっていて、

ヒトのガンや老化の抑制にも関係していることがわかっているそうです。

 

地球上の生物を救う研究なのですね。すごい!です。

少年時代からの夢を叶えられたとのこと。大隅教授おめでとうございます!

研究を続けて下さって本当にありがとうございます。

 

受賞が決まったときのインタビューで、大隅教授がおっしゃったこと、

「人がやってないことをやるのがサイエンス」

「新しいことは人のやってないことの中にある」

もしかして、おっしゃった通りではないかもしれません。

でも、サイエンスに限らず全ての事に通じることで、

そして、そのことをやり遂げられた方の言葉なのでとても心に響きました。

多くの人は、未知の領域に挑戦することを躊躇します。

丸いかごの中で…、風が吹くと、くるぐるまわるお人形のように生きている。

かごの中から、外は見えるので、出なくても生きていける。

だけど、出なければ新しいことはつかめない。

 

 

arrow_upward