9:00~18:00
(日・祝日 10:00~17:00)
水曜日
2016年11月27日
ブログ

「よしの川ブルーライン」~徳島県

四国旅行に、新幹線など鉄道を使って出かけてみました。

瀬戸大橋は上部に4車線の瀬戸中央自動車道、下にJR本四備讃線(瀬戸大橋線)が通る2階建ての構造に

なっていて、いつもは車で渡りますが、今回初めて鉄道で瀬戸大橋を渡ってみました。

上手に写真がとれませんでしたが、景色は美しかったです。上を車が走っているのも見えました。

よしの川ブルーライン

JR徳島線よしの川ブルーラインは徳島と阿波池田間を気動車(ディーゼル動車)で走ります。

吉野川に沿って徳島県の東西を結んでいる鉄道です。

路線距離は67.5km、駅は24あるそうです。

とてもローカル色豊かな鉄道で、のんびりしたいときにピッタリ。

停車駅に駅員さんが常駐されていないらしく、車内で切符の回収をされました。

指定席と自由席

一つの車両に指定席と自由席があり、前側の指定席が埋まり後側の自由席はほとんど空いていました。

前側指定席が埋まっています。

後の自由席からみるとこんな感じです。

出発します!

指定席の一番前からみた運転席。

このような景色が続いています。のどかな感じで心が和みます。

吉野川

徳島県を西から東に流れている四国で一番大きい一級河川で、四国三郎と呼ばれています。

吉野川の流域は四国4県12市5町1村にまたがっていて、幹川流路延長は194km、流域面積は3,750㎢

で、四国全体の約20%にあたる広さを占めているそうです。

古くから人、物、文化を結ぶ動脈として存在している吉野川。

坂東太郎と呼ばれる利根川や筑紫次郎と呼ばれる筑紫川と共に、日本を代表する大河川です。 

旅行大好き東洋不動産http://toyo-fudousan.co.jp/

  

arrow_upward